ソープの頂点に君臨する吉原

ハート

吉原は昔に映画の舞台にもなった、遊郭の代名詞と言える場所ですが、実は現在でもソープランドに姿を変えて、いまでも高い人気を誇っています。ソープは法律によって、一部のエリアのみ可、あるいは全面的に禁止されているところもあり、店舗数は年々縮小傾向にあります。では、ソープ自体が下火になっているかというと、そんなことはありません。吉原に限って言えば、ソープは衰えるどころか、ますます繁盛しているのです。
これだけ吉原のソープが男性客を集めているのは、やはりサービス内容が他のソープ、他の風俗と比較にならないからです。ここでソープに行ったことのない男性に簡単に説明しておくと、ソープは特殊浴場とも呼ばれていて、お風呂を使ったサービスがメインになっています。部屋に入ると、ソープ嬢が服を脱がせてくれて、体を洗ってくれたり、あちこち舐めてくれたりしたあとは、泡風呂でイチャイチャしたり、ローションでヌルヌルになった体をこすりあわせるマットプレイもソープの人気の一つです。ベッドではなかなか達しない男性も、いやらしく体をこすり合わされるとすぐに終わってしまう男性もいるくらい、強い快感をもたらしてくれます。風俗で緊張していまいがちな男性にはこのローションはオススメのプレイと言えます。
こういった濃厚なプレイが楽しめるのは吉原のソープです。一度行けば、もう他の風俗が物足りなくなりますよ。

老舗が多い吉原のソープ

法律上、ソープは新規出店に関しては厳しく締め付けられていますが、元からあったソープ店は問題なく営業を続けることができます。吉原には、規制前から営業しているソープがたくさんあります。これはどういうことかと言うと、吉原にはソープの老舗が、長年蓄積したノウハウはそのままに、風俗通いのベテランから初心者まで、どんな男性でも満足させられる用意ができているということなのです。
なぜ老舗だと安心して遊べるのか。もちろんこれは、ブランドイメージが一役買っています。女性をぞんざいに扱っているお店はすぐにつぶれます。老舗は女性を大事にするからこそ長年お店を続けられるのであって、そういったお店で働けば何かと安心と考える女性が多いのです。応募してくる女性の分母が大きくなれば、必然的にカワイイ女の子が混じってくる確率も上がりますよね。吉原のソープの老舗にはそういった強みがあるのです。
そのため、女性の見た目は他のお店ならトップを狙えるんじゃないかと思えるハイレベルな子ばかり、サービスも濃厚で手抜きなしとなれば、どんな男性でもリピーターになることは簡単に想像できますね。しつこいまでの絡み、泡風呂で汚れを流し、最後はお楽しみのマットプレイ。時間いっぱいまで飽きずに遊べるソープと言えば吉原です。

黒ギャルと楽しめる吉原のソープ

東京でソープを遊びたいと思ったら選択肢は3つありますが、今回はその中のひとつである吉原を勧めます。というのも、吉原のソープは江戸の遊郭時代から数えると、もっとも歴史が長いからです。これがなぜ質のよさにつながるかと言うと、吉原エリアのソープには老舗が多いため、その界隈全体でルールをしっかり守っていこうという意識があるからです。そのため、男性客からすれば、怪しいお店おかしいお店がないということでソープにはじめてチャレンジする人でも安心して楽しめる場所となっているのです。
そんな吉原のソープですが、スタンダードなお店が手堅くて人気があることは言うまでもありませんが、それではちょっと物足りないという人のために、特定の趣味を持った男性向けのソープも営業しています。例えば色黒ギャルのタイプをメインにしたソープ。一時期ヤマンバギャルというものが女子高生の間ではやりましたが、最近ではめっきり見なくなりましたよね。吉原に行けば、絶滅危惧種になってしまった黒い日焼けギャルとお風呂で遊ぶこともできます。黒さは女の子によって異なりますが、浅黒い子からかなり黒い子まで揃っているので、好みの黒さの女の子を選ぶといいですね。
ギャルとたっぷり遊ぶなら夜の吉原へ冒険に出かけましょう。


吉原ソープは金瓶梅がおすすめ!吉原のソープ嬢は美女しか在籍していません!それもしっかりと厳選されているからなのです!

トピックス